当院の取り組み

医療安全の向上と安全確保をめざしています。

診療部・コメディカル・看護部・事務との部門連携・情報共有を行いチーム医療に取り組み、医療を受ける患者様やそのご家族に安心で良質な医療を提供するために、医師をはじめとする多職種のメンバーがそれぞれの専門性を生かし、各種委員会活動を行っています。

金岡病院の取り組みイメージ

医療安全対策委員会(医療安全・医療機器・医療ガス各種安全委員会)

医療安全対策チームでは、インシデント・アクシデントの報告された事例をもとに情報の収集、原因分析、対策立案し、再発防止への取り組みを行っています。また年2回の全職員対象の職員研修会や、病棟ごとに医療品・医療機器についての勉強会を開催し、院外での勉強会や講習会にも積極的に参加しています。

褥瘡対策委員会

褥瘡対策チームでは、スタッフそれぞれの専門知識を生かし、褥瘡の予防、治療にあたっております。 また、体圧分散マットレス等の整備、チーム内での症例検討や院内勉強会を開催することにより、病院全体として褥瘡の発生や保有率を下げるべく、活動を行っております。

院内感染対策委員会

感染対策チームでは、病院として患者さまへ安心・安全な医療を提供することができるよう感染予防対策を推進しております。また、院内勉強会を開催し病院全体としてレベルアップを図っております。

栄養サポート委員会

NST(栄養サポート)では、入院患者さまへ適切な栄養管理を行うことができるよう、スタッフそれぞれの専門知識を生かし活動を行っております。

呼吸器サポート委員会

RST(呼吸サポートチーム)は人工呼吸管理を行っている患者さまに対し、専門知識を有する各職種メンバーにより、治療やケアに対する助言・サポートを行い、安全で質の高い呼吸療法の実践が出来るよう活動を行っています。
また、呼吸療法に関するマニュアル作成や物品整備、呼吸ケア・機器取扱い/トラブルシューティングなどの各勉強会を開催し、医療従事者が安心して呼吸療法に携われるよう努めています。

安心・安全のために教育・研修

  • 輸血委員会
  • 教育委員会
  • 給食委員会
  • 看護各種委員会
  • 各種院内研修
  • 各種外部研修
  • CSセミナー
読み込み中