理念・基本方針

地域社会より必要とされる病院であり続けたい

地域の皆様、地域の医療機関のニーズに応える思いやりの心で満たされた医療を目指しております。
また、医療を含めたあらゆる生活上の問題を皆様と共に考え気持ちを感じる感性豊かな心と優しさを持って患者様と共に歩んでいきたいと思います。

行動指針

  1. 患者様本位の医療の提供に努めます
  2. 患者様の安全を最優先に努めます
  3. 常に研鑽し医療の質の向上に努めます
  4. 医療の透明性の確保と説明責任に努めます
  5. 地域医療と福祉の向上に努めます

医療安全の向上と安全確保をめざしています

診療部・コメディカル・看護部・事務との部門連携・情報共有を行いチーム医療に取り組み、医療を受ける患者様やそのご家族に安心で良質な医療を提供するために、医師をはじめとする多職種のメンバーがそれぞれの専門性を生かし、各種委員会活動を行っています。

  • 高齢者や障害者の方々にとって、やさしく使いやすい施設(バリアフリー化)に取り組む
  • 消防訓練、地震対策等非常時の安全性の確保に取り組む
  • 院内感染対策会議を設置し院内感染及び病棟の清潔度の向上に取り組む
  • 褥瘡対策チームを発足、 褥瘡予防、治療に取り組む
  • 医療事故対策会議を行い医療事故の防止に取り組む
読み込み中