医療法人 杏林会 金岡病院
spacer
医療法人 杏林会 金岡病院
spacer
menu
spacer
総合案内
spacer
入院の御案内
spacer
お見舞いの方へ
spacer
病院概要
spacer
診療科目
spacer
人間ドック
spacer
健康診断・検診
spacer
特定健診
spacer
病院の取り組み
spacer
お知らせ
spacer
交通案内
spacer
求人情報
spacer
お問い合わせ
spacer
診療日のご案内
spacer

内科 (月〜木)
外科 (月・木)
整形外科(水・土)
放射線科(月〜木)

spacer
診療時間のご案内
spacer
午前 9:00〜12:00
午後 1:30〜3:00
夜間 6:00〜8:00
spacer
休診日のご案内
spacer
日曜・祝日・土曜(午後)
spacer
面会時間のご案内
spacer
午後1時〜午後8時
spacer
病院概要
spacer
堺市の金岡病院(入院・内科等)
spacer
院長の挨拶
spacer

医療法人 杏林会 金岡病院 院長 内藤哲郎

 
当院は大阪府堺市の現在の地で昭和32年5月1日医療法人杏林会金岡病院として産声を上げました。
時代の変遷とともに病院の形態も変わってゆき、現在は全病床が医療型の長期療養病床として稼働し
、医療サービスを提供しています。地域連携を大切にし、入院では重症患者さんも積極的に受け入れ
、特に人工呼吸器は現在20台強が稼働するまでになっております。
外来ではプライマリーケアの役割を重視し、患者さんの診療で的確な診断をする様に心がけ、必要な
場合には専門病院への紹介を行っています。
平成19年には創立50周年を迎え、「地域に必要とされる病院であり続けたい」との一念から基本理念
を掲げ、職員一同更なる地域医療の拡充に向けて鋭意取り組んでおります。
今後とも、より一層の皆様方のご支援とご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
好井正明
spacer
地域社会より必要とされる病院であり続けたい
spacer
1、 患者様本位の医療の提供に努めます
spacer
2、 患者様の安全を最優先に努めます
spacer
3、 常に研鑽し医療の質の向上に努めます
spacer
4、 医療の透明性の確保と説明責任に努めます
spacer
5、 地域医療と福祉の向上に努めます
spacer
医療環境の向上と安全確保をめざしております
spacer
● 高齢者や障害者の方々にとって、やさしく、
  使いやすい施設(バリアフリー化)に取り組む
spacer
● 消防訓練、地震対策等非常時の安全性の確保に取り組む
spacer
● 院内感染対策会議を設置し院内感染及び病棟の清潔度の向上に取り組む
spacer
● 褥瘡対策チームを発足、 褥瘡予防、治療に取り組む
spacer
● 医療事故対策会議を行い医療事故の防止に取り組む
spacer
pagetop
spacer
医療法人 杏林会 金岡病院 病院概要
spacer
名称   医療法人 杏林会 金岡病院
所在地   〒591−8044 大阪府堺市北区中長尾町2丁目4番3号
TEL:072−251−0001 / FAX:072−259−8524
TEL:072−252−2461
創立年月日   昭和32年5月1日
診療日  

内科(月〜土)
外科(月・木)
整形外科(水“午前診と午後診のみ”・土“9:00〜12:00のみ”)
放射線科(月〜土)

診察時間   午前 9:00〜12:00
午後 1:30〜3:00
夜間 6:00〜8:00
休診   日曜・祝日・土曜(午後)
面会時間   午後1時〜午後8時
spacer
pagetop
spacer
沿革
spacer
昭和21年5月   大阪市阿倍野区文の里2丁目62番地に文の里診療所開設
     
昭和32年5月   堺市長尾町2丁目82番地に医療法人杏林会 金岡病院開設(29床)
     
昭和49年3月   大蔵大臣より特定医療法人に認可される
     
平成8年5月   結核病床を60床に減床し、計249床する
     
平成12年11月   結核病床を廃止し、一般病床32床 老人病床157床の計189床とする
     
平成14年5月   新病棟竣工、19床減の計170床とする
     
平成15年2月   第2病棟(療養60床)第3病棟(療養60床)第5病棟(療養50床)
     
    計170床の全床療養病床
spacer
pagetop
spacer
under
spacer

病院概要 │ 総合案内 │ 入院のご案内 │ 診療科目 │人間ドック│ 求人情報 │ 健康診断・検診 │ 特定検診  │
│  交通案内 │ お問い合わせ │
copyright(c) 2007 Kanaoka Hospital. All rights reserved.